管理薬剤師の福利厚生について

管理薬剤師の福利厚生について

働いて行く上で、労働環境は非常に重要な要素の1つです。環境が悪ければ、長く勤めていくことができませんし、モチベーションを保つことも難しくなってしまいます。 中でも、福利厚生が恵まれているかどうかは、重要なポイントとなってくるでしょう。

その点、薬剤師求人パートの福利厚生は、どのようになっているのでしょうか。基本的には、働く職場によって、大きく異なってくるといえますが、仕事の特殊性から比較的恵まれた待遇であるといえそうです。

例えば、収入面に関してですが、多くの職場では資格手当が支給されます。これは、医療従事者であれば、ほとんどの場合支給されている手当だといえますが、管理薬剤師も薬事師の資格を取得していることから、毎月支給されることがほとんどです。

また、現場を管理する仕事となりますので、役職手当も支給されることでしょう。金額は職場によって違ってはきますが、年収ベースで平均をみてみると、一般的な薬剤師よりも最大で50万円程度違ってくるようです。

裏を返せば、その分、責任ある仕事を任されるということになりますが、管理薬剤師の仕事は専門性が高く、薬剤師としての経験がある程度必要となることから、当然の待遇といえるでしょう。

ただし、昨今は不景気が続いていることもあり、場合によっては減給されたり、待遇が悪くなるケースも目立ってきています。福利厚生が恵まれていないことは、直接仕事に取り組む姿勢にも影響を与えますので、そのようなときは転職を考える必要性も出てくるでしょう。

とはいえ、どこの医療機関や企業でも、似たような待遇だと諦めてしまう管理薬剤師が多いと言えます。 そのような時は、薬剤師の求人情報を専門的に扱っている、求人サイトを活用してみてはどうでしょうか。

今まで管理薬剤師として活躍してきた事が強みとなりますので、より福利厚生などの待遇が恵まれてた職場に転職することは難しくありません。 また、事前に労働条件などについて、専属のコンサルタントが交渉してくれることもありますので、活用しない手はないといえます。

薬剤師転職のチャンスとは

薬剤師の資格を持っている人の中には、今後転職をしたい、という人もいると思います。現在の職場への不満や家庭の事情、家族の転勤など、転職理由は薬剤師さんの数だけあるでしょう。世の中長い間不況が続いていますが、薬剤師さんが転職するのには現状としてはそんなに影響はありません。むしろどちらかと言うと現在は供給よりも需要の大きい状態、即ち転職の機とも考えられます。

最近の調剤薬局の状況としては、すっかりM&Aが進行しているため、小規模の薬局が大手の薬局に吸収されたり、合併されているのが現状です。そうなると今後転職するとしたら、小規模薬局よりも大企業のチェーン店などに転職した方が、安定した生活が期待できるということになりますよね。

小規模薬局の場合は買収されてしまったあと、そこで働いている薬剤師さんとしては不利な状況になってしまうからです。

ですからもしも小さな薬局に勤めている方は、出来れば大規模な薬局に転職を考えるのが良いかもしれません。 今はまだ都心などしかこのような状況は見受けられないかもしれませんが、徐々に地方にも影響が有るはずです。そして現在は薬剤師さんが転職するには好機ですが、順番に転職するチャンスも減少してくるでしょう。

現在の職場に不満を抱えている薬剤師さんや、出来るだけ迅速に転職をしたい薬剤師さんは、ぜひ今すぐチャレンジしてみるのがオススメです。

薬剤師の転職のチャンスは現在がその時です。薬剤師に特化した転職サイトにエントリーし、転職のプロであるコンサルタントさんと相談されるのが、効率の良い転職方法だと考えています。今後6年生の新米薬剤師さんがどんどん社会に出て来ますが、となると今までの薬剤師さんが働いていた場所まで取られてしまいかねません。 転職をするか否かというのを決定するのはあなた自身ですが、現状とこれからをしっかりと見極め、一番良い道を選んでください。

薬剤師転職と大切なポイント

薬剤師さんが転職したい際に、まず転職サイトを利用することを考えると思います。いくつかの転職サイトにエントリーして、一仕事終えた気持ちになっていませんか?薬剤師だけではありませんが、転職を考えた時にまず重要なのは、積極的に動くこと、となります。

転職サイトにエントリーするというのは、「積極的に動くこと」の中のひとつのパーツにしかなりません。ですから転職サイトを活用しなかったとしても、人とのご縁や人脈さえあるのであれば、それらを使わせてもらうのもいいでしょう。

重要なことは「自分に合った職場」に勤めることができて、お給料や年収を上昇させること、だからです。転職サイトも、ご縁もコネも、自分以外の力となります。自分だけでは効果的に短期間で転職活動を行えないために、転職サイトを活用する、というだけの話なのです。ですからサイトにエントリーするのがテーマではありません。転職サイトを活用して、転職の成功を収めることが、最終的なテーマになるでしょう。

転職活動を短く終わらせるためには転職サイトの活用が効率的ですが、知人が勤務している薬局を紹介してもらう人もいますし、近所で求人を出している店舗で薬剤師を募集していれば、そこに就職する人もいます。ご近所であれば、そのお店の雰囲気もわかりますし、就職後のイメージも掴みやすいです。

ただ、家の近くに仕事場があるということは、顔見知りの人も多いということで、働き辛い、という人もいます。何かトラブルに巻き込まれて辞めたい時に、辞めにくいという問題も出てくるかもしれません。この辺りの捉え方は人それぞれでしょう。ご縁やコネなどで転職した職場というのも、遠慮があって、自分の意見を通しにくいと言った意見もききます。

個人的な感覚ですが、パートやアルバイトなどの働き方であれば、近所の店舗で勤務するのもいいかもしれませんが、正社員を目指したい方や、スキルアップを考えているのであれば、近くではなく、転職サイトを頼ってのて転職活動がオススメです。

転職サイトを活用しても、知人のご縁でも、最後は人脈という物に助けてもらいます。お世話になった方へのご恩は忘れずに、感謝の気持ちを大切にしましょう。転職は自分以外の人たちにも影響を与えることをしっかり覚えておいて下さい。

↑ PAGE TOP