製薬会社の仕事の特徴

製薬会社の仕事の特徴

製薬会社で薬剤師として勤務する場合に ついてです。 製薬会社の特徴は、 給与が最初はそれほど高くはないですが、 その後の伸びは他の職場よりも良い、 という所です。

初任給としては他の業種とそこまで高くない事が 多くありますが、そこから経験を積んでいくと、 堅実に年収がアップしていく事が多いです。 ですので、あまり入社してからの転職などを 考えずに、その企業で継続して働くとして考えると、 トータルでもっとも収入が高くなるのは製薬会社です。

年収で1000万を超える方も少なくないようです。 40代で大台に乗る方もいますし、 30代でも届く可能性もあります。 賞与が大きいのも製薬会社の特徴です。 調剤薬局やドラッグストア、病院などと比べても かなり高い水準です。 職場によっては、薬剤師手当が付く所もあります。

なので、頑張ればかなり稼げる職場と 言ってよいと思います。 もちろん収入に伴い、仕事の内容も 幅広く、責任あるものになりますが、 その分やりがいもあると思います。 仕事の幅は調剤薬局やドラッグストア・病院 などよりも、広くなりやすいです。

その分、さまざまな経験が出来るという所も、 製薬会社のメリットです。 頑張れば、スケールの大きな仕事も 任されるようになります。 内容に見合った収入が得られるので、 仕事も楽しんでやれる事が多いと思います。

また、製薬会社の特性上、海外勤務も 長年勤めていると打診される事があります。 短期間のケースもありますし、場合によっては 年単位の中長期に渡る事もあります。 国内での転勤もあるかもしれません。 単身赴任の可能性もあるので、 家族で生活されている方はそれも頭に置いて、 選んだ方が良いですね。

条件をよく確認して、職場を選びましょう。 製薬会社で勤務する場合は、安定を得つつ、 会社内でのキャリアアップを目指していく、 という方向性がお勧めです。

色んな職場を渡り歩いて年収を 伸ばしていきたいという方よりも 一つの場所で、地道に力を付けていきたい という方には良い職場だと思います。

↑ PAGE TOP