薬剤師に向いている人の特徴とは

薬剤師に向いている人の特徴とは

薬剤師になりたいという夢を描いた人すべてが願いをかなえられるわけでは ありません。薬剤師というのは資格が必要な職業ですから、まずはその試験に 合格しなければなりません。

試験は年に一回だけですから、そこで落ちてしまうとまたさらに一年頑張って 勉強を続けなければいけないのです。 また薬剤師の国家試験を受けるための条件として、大学において6年間、薬学の課程を 修めなければなりません。この資格を取れる人というのは、かなり限定されるわけです。

厳しい難関を突破して薬剤師の資格を取れたとすると、そこから先は薬局なり 企業などに就職して、晴れて薬剤師として活躍できるということになります。 どんな職業でも向き・不向きというのがあると思いますが、薬剤師にもそれは 当てはまります。では薬剤師に向いている人とは、どんな人なのでしょうか。

調剤薬局で働く薬剤師を例にとって考えてみると、まずは処方箋をもとに 正しい薬を処方できる能力は必須です。 薬は非常にたくさんの種類がありますし、似通った名称の物も多いので、絶対に 間違えてはいけません。

薬局などは一日にかなり多くの患者さんに接することに なりますが、その一つ一つにミスがあっては許されないのです。 ですから、かなり注意力がある人でないと務まりません。

また、薬を出す時に患者さんに分かりやすく薬の説明をする必要がありますから、 難しい専門用語をやさしくかみくだいて説明する能力も必要でしょう。 さらに、老若男女いろんなタイプの人が薬局を訪れますから、それぞれに対応できる 対人スキルがないといけません。

このように見てみると、薬剤師にはいろいろな能力が必要だということが分かります。 すべてにおいて、まんべんなく能力がある人というのは少ないかもしれませんが、 実際に薬剤師として働く中で身についてくることもあるでしょう。

薬は日々進化していきますから、薬自体に興味があって、薬剤師であるかぎり 学び続けていける人であることが大切だと思います。 また、薬だけではなく人に対して興味を持ち、思いやりを持った態度で接することが できる薬剤師であれば、すぐれた薬剤師として活躍もできるでしょう。

↑ PAGE TOP