製薬会社への就職・転職を考えるなら

製薬会社への就職・転職を考えるなら

薬剤師の資格をいかして、製薬会社に就職したいと思う方もいるでしょう。 製薬会社で働く場合、新薬の研究・開発などの仕事をする場合や、 MRなどの営業の仕事をする場合などがあります。 同じ製薬会社で働いていても、職種によって給与には差が出てきます。

営業の場合は成績が良ければその分が上乗せされますから、 やる気と能力のある方はかなりの高給も期待できるでしょう。 大手の製薬会社の場合は就業年数により給与もどんどん上昇していき、 生涯賃金もかなり高くなる傾向があります。

初任給だけを見ると製薬会社は意外に高くないので、調剤薬局を 勤務先として選ぶ人も多いのですが、目先の金額にとらわれない方が 良いようです。

また福利厚生が充実していたり、給与以外にも優遇されている点が 大手の製薬会社にはいろいろとあります。 ただし何度も転勤があったり、海外勤務の可能性もありますから、 そのことは頭に入れておかなければなりません。

就職した時は良くても、やがて結婚したり子供ができた時には家族も巻き込む話になりますから。 もちろん製薬会社の中でも小規模なところなどは、上記の内容が 当てはまらない場合もあります。

薬剤師の資格を持っていない人でも製薬会社に就職することは できますし、MRなども文系出身の人が採用されたりします。 ただ薬剤師の資格を持っている場合は手当がつくことがあるので、 その分が給与に上乗せになります。

製薬会社に就職したい場合は調剤薬局などと比べると少し 狭き門になるかもしれません。とくに研究職の場合はかなり求人が 少ないことも考えられます。 もし製薬会社を第一希望にしているなら、早めに情報収集を しておきましょう。

また他の職種から製薬会社に転職したい場合、採用されるためには 経験や技術が求められるでしょう。 自力で転職活動をするよりも、転職支援サービスを利用した方が 効率よく情報が得られると思います。

また、こうしたサービスを利用した場合は、これまでやってきた 仕事で身についたスキルをアドバイザーの方と一緒に洗い出して、 転職先でどういかしていったら良いかというアドバイスも もらえるでしょう。

↑ PAGE TOP